The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ツーリングマップル2009発売
2009-02-28 Sat 20:31
情報はやい友達から聞きつけ、早速書店に行ってみました。
家の近くの書店ではまだ昨年版でしたが・・・(汗)、

都会の大きな書店にはしっかり並んでいました、ツーリングマップル2009。

はやる気持ちを抑えて北海道版をパラパラ。。。
あ~、今年もステキな景色がいっぱい・・・これぞ中毒本!

そして、今年も載ってました☆暫定的ですが。(おととしの写真ですが。)
あー完全に自慢です、スミマセン!
でもあれに載るって、ある意味誇りですから~。ここだけでは、言わせて下さいな。

気がつけば、手持ちの地図達も2003版だの2006版だの・・・
林道情報もだいぶ変わってるかな?

でも地図って見てるだけでもワクワク。
次の旅の予定が決まってきたら、
購入したいと思いまーす!


追伸・・・明日から春です!
カレンダー上ではね。
スポンサーサイト
別窓 | 日々のあれこれ | コメント:10 | トラックバック:0
ちょこっと伊豆情報(?)
2009-02-26 Thu 22:06
さてさて、リアルタイム更新では書ききれなかった
伊豆情報を少し整理してアップしておきます。

少しでも有益なサイトを目指して!?(無理があるな~)

sakura.jpg

通称「ミナミの桜」は2/22時点でもう葉桜~~♪(・・・タイムリー性なさすぎ)
余談ですが、デジカメで黄色ってすごくキツくなりませんか?コントラスト結構下げてるんだけど。。。

続きは追記に。
ちょこっと伊豆情報(?)の続きを読む
別窓 | ショートツーリング | コメント:4 | トラックバック:0
246活用法
2009-02-23 Mon 22:02
1日遅れましたが、無事帰宅いたしました。帰りはオール下道にて。


・・・修善寺を出発した時点で夕方5時、
箱根をあがって行くにはイヤな時間。(暗い、寒い、道見るのめんどい)

遠回りではあるが、さっさと沼津から東名に乗って帰ろうと進路をとると、
こちらはどうやら沼津ICに向かう車が渋滞気味。

地図を見て、とりあえず一つ先の裾野まで行っちゃってから乗るか。
と思いつつ国道246号を走っていると、
片側2車線のこの道路、なんだかとても快調に流れている。

よくよく地図を見てみると、246と東名って、
沼津のあたりから渋谷までほぼ併走してるんですね。

まあ、下道走りに疲れたら乗ればいいや、と、そのまま走っていると、
「東名秦野中井~横浜町田 渋滞25km」の表示。。。。

「・・・これ、このまま行っちゃっていいんじゃないの?」


そもそも私の場合、上に乗ったところで80km/h以上出せないし、
渋滞は神経使うし、そのくせお金はかかる。。。

だったら、頃良く70~80km/hで流れている下道のほうが得策なのでは。
246の一本道だから、迷う心配もないしね!

信号でのストップandゴーがうっとおしいと思いきや、
バイパス状態なので案外その数は少なく、
何よりたまにひっかかってもそれはそれで
寒さの緩和・ストレッチ・バイクを休ませる、などなど、
メリットがたくさんあるのだ。


それでも厚木・横浜・川崎・・と入ってくると、
流れているけどそれなりに車も信号もゴミゴミし始めたが、
今更高速乗るのもなぁ、ということで
あれよあれよという間に都内に突入。

首都高だけは使ってラクするかー、と思うも、
あれ?意外と体疲れてないよ?環○通りも流れてるし・・・(補足:自宅は環○通りに近い)


下道オンリーで家までたどり着いてしまった。


すごい、沼津からカド1コ曲がっただけで家に着いたよ。


246って意外と使えるんだなぁ!という新たな発見もあった、伊豆の旅。

(最初の1行だけで良かった、この更新。)
別窓 | 日々のあれこれ | コメント:9 | トラックバック:0
締めはやっぱり
2009-02-22 Sun 16:46
20090222164559
修善寺温泉、筥湯。

350円という良心的な値段で檜造りのこぎれいなお風呂に入れます。
塔みたいなほうは展望台になってます。

修善寺、射的やスマートボールなどがあり、昔ながらの雰囲気がステキ。

バイクを降りて、ゆっくりそぞろ歩きもいいかもしれません。



さてさて、
今回もどっぷり伊豆を満喫、あとは苦痛の高速道をひた走るのみ。

コメントくれた皆さんありがとう!
旅気分を味わってもらえてたら幸いデス!
別窓 | 温泉 | コメント:4 | トラックバック:0
ちょこっと林道
2009-02-22 Sun 15:20
20090222152020
伊豆って林道たくさんあるのにどうやらここ数年でその殆どがゲート閉鎖されたとか。


不確か情報を頼りに入った舟山林道。舗装間近で相当短いですが。

ピークがひらけていて、遠くに海が見えます。(写真は厳しいか!)伊豆ならでは。

路面は情報では「やや荒れ」とのことだけど、浅い中ジャリ(?)程度。

コケず走ることができました♪


未知なる林道への冒険もできて満足満足。
別窓 | 林道 | コメント:2 | トラックバック:0
旅人岬
2009-02-22 Sun 14:19
20090222141915
伊豆にはこんな名前の岬もあります。

西伊豆来るなら恋人岬より旅人岬。


ブログのサブタイトルもあるのでとりあえず行っとかないと(笑)。
別窓 | ショートツーリング | コメント:0 | トラックバック:0
せっかくなので、
2009-02-22 Sun 11:00
20090222110055
無理やりいいとこだけをクローズアップすると、こんな感じ。


春の空気感、伝わるかな?
(斜面に寝転びながら。)
別窓 | ショートツーリング | コメント:2 | トラックバック:0
今旅最大の目的地に来てみたが
2009-02-22 Sun 10:52
20090222105245
見よ、この葉桜を!

なんでも先週土曜の五月並みの陽気で一気に花開き、その後の平日の強風で一気に落ちたらしい。

自然のことと言えど、ちょ~っと残念~~
別窓 | ショートツーリング | コメント:2 | トラックバック:0
黄色い海に溺れる
2009-02-22 Sun 10:19
20090222101951
今日もツーリング日和の青空です。

日野の菜の花畑もキンキン。
別窓 | ショートツーリング | コメント:2 | トラックバック:0
伊豆の冬ツーといえば。
2009-02-21 Sat 15:46
20090221154640
観音温泉入湯。

ちょっと山奥にあるが、飲泉でも有名らしい。

走り続けて冷え固まった身体に沁みる……

沁みすぎる。

冬のツーリングの醍醐味ですね。
別窓 | 温泉 | コメント:4 | トラックバック:0
伊豆っ旅へ。
2009-02-21 Sat 11:30
20090221113049
伊豆にプチっとツーリングにきています。

一泊二日の短い旅ですが、このブログの当初の目的はリアルタイム更新することで、読んでくれる人がちょっとでも旅気分になってもらえたら、というものなので、やってみました。

といっても、伊豆なんてメジャーだけど!


ということで、
秘密のワサビ棚田。
県道から少しそれたとこなので、バイクは大概スルーしてしまう。

ケータイカメラの画質が心配だけど、本物は日差しを浴びてキラキラしてとてもきれい。


日陰は寒いけど、ひなたはあたたか。がんばって走るぞ~
別窓 | ショートツーリング | コメント:2 | トラックバック:0
お気に入りの「飲むヨーグルト」
2009-02-17 Tue 22:30
yasuda.jpg
日々、

せっかく読みにきてくれる人に少しでも有益な情報を、

と思ってはいるのだけど、
知識も情報量も文才も乏しく読み苦しい文章でスミマセヌ。。。

なので今日は下手な映画論評(?)よりは有益と思いたい、
オススメかつお気に入り商品の紹介~~。(手抜きと言わないで。)

それは、「ヤスダヨーグルト」!

新潟生まれのいわゆる「飲むヨーグルト」、
以前湯沢にこもっていた(ゲレンデバイトでね)時に
寮仲間の間で一大ブームになり、知りました。

これが、タダモノではないのですよ!

どろりんとした口当たり、飲むというより「噛む、飲むヨーグルト」(?)、
カミカミせずにいられない、
とにかくこの食感は一度試せばクセになる~~、
超オススメの一品なのです。ハイ。

関東に帰って来てもスーパーで売っていたので一安心、
しかしちょいと値が張るのが難点で、いつも

じっと眺めて ぐっとガマン -_-

しているのですが、
先日珍しく安売りしていたので久々に購入。
勢いで「期間限定・苺」とやらも購入。

2本を交互にカミカミ(あうー)、しばし至福の日々を過ごしたのでした。

新潟産だけあって、関越道のS.A.などでも見かけます。
ヨーグルト好きな人もそうでない人も、是非!お試しあれ。
別窓 | 日々のあれこれ | コメント:12 | トラックバック:0
モーターサイクル・ダイアリーズ、観ました
2009-02-12 Thu 22:45
たまにはバイクにかかわる映画でも、ということで
「モーターサイクル・ダイアリーズ」をDVDで鑑賞。
部屋を暗くして、鮭とばソフトタイプを噛み千切りながら。


大雑把な結論を言うと、ぐっときました。
特にバイクに乗る人、荷物をくくって放浪の旅に出る人にはオススメかも。

以下、もう少し掘り下げると、ちょっとネタバレ(って言うの?)ですが、


アルゼンチンに住む医学生の主人公(今公開している映画チェ・ゲバラ~の若かりし頃)は
友人と共にポンコツバイク1台に大量の荷物をくくりつけ、
南米大陸1万キロ・行き当たりばったりの旅に出ます。

「目の前には広大な南米大陸、
そしてそこには、未知の大地と国と果物が待っている」

と、言いながら荒野に伸びる一本道(未舗装)を白煙をあげながら駆けていく。


もう、この始まりの部分だけでも「旅心」をぐっとつかまれます。


道中も、
テントは風で吹っ飛び、雪道を滑って転んで修理して、
地元の人との出会いアリ恋話アリ、
ケンカもするけど助け合い、

まさにさわやか旅ムービーなのですが、
あるとき牛の群れに突っ込んで故障したバイクをついに処分してしまう。

あら!?
バイク映画と思っていたけど
この先の旅はどうやって?


と思ったあたりから映画自体の雰囲気がガラッと変わり、
実際旅は続けていくんだけど、
ある夫婦との出会いをきっかけに
そこから主人公は大事な何かに気が付きます。



さてその「大事な何か」とは何か。

知りたい人は観てみましょう!(笑)



・・・観終わって、胸に残るもの多々。

規模は違えど、似たスタイルで旅に出たことはあるけれど、
自分はこの主人公のように何かを掴んだことがあっただろうか、とか。
自分の中で、「はっ」と気がつくこととか、意識の変化とか、
あっただろうか、とか。

って、たまにこの思考の渦に落ちると、抜け出せなくなる。(・・・考えすぎ?)


そう、印象に残ったワンシーン。

「なぜ旅をしているのか?」と聞かれて、少し考えた挙句

「旅をするためです。」

と答えるところ。
カッコイイ。これ、真似しちゃおうかな~。


-----------------------
追記:

もしこれから映画を観る方がいたら、観る前に「ハンセン病」に関する背景を
ほんの少しでいいので知っておくと、後に出てくる「川渡り」のシーンの持つ
意味がより深いものになると思います。 以上蛇足でした。
別窓 | 日々のあれこれ | コメント:7 | トラックバック:0
旅情そそる、青いロマンスカー。
2009-02-07 Sat 16:30
blue.jpg
ご存知の方も多いと思いますが、
従来主に「新宿-箱根」間を結んでいたロマンスカーが東京メトロに乗り入れ、
一部北千住まで延びています。

これはその「青いロマンスカー」が、
北千住のお隣のA駅に回送電車として止まっていたものをパシャリ。
別に巷で言うところの「テツ」なワケではないですけど、
やっぱり近くで見るとカッコイイです。

内装も座り心地良さそうなシートにエンジ色の柔らかそうな絨毯。
レトロな高級感が漂っています。

外はパリッと、中はふんわり・・・
あ、なんかこう書くと私の思う「ステキな女性像」と近いかも!?
ちなみに外装の青は正式には「フェルメール・ブルー」と言うそうな。


バイクの旅もいいけど、たまには鉄道に揺られて行くのも
情緒があっていいな。(寒い時期は特に。)
別窓 | 日々のあれこれ | コメント:7 | トラックバック:0
武尊にてホワイトアウト
2009-02-02 Mon 22:20
hotaka.jpg
行ってきました、今回はまたまた初めての武尊牧場。今回はカービングスキーにて参戦。
予報では「みぞれ/曇り」となっていたのですが、
着いてみれば風はびゅうびゅう、地面から巻き上げるような雪・雪・雪・・・・

て、まさにホワイトアウト状態!

しかも前日・前々日と、この時期にして最悪の「雨」が降ったため、
一度解けた雪がまた固まって場所によってはカッチカチ。

うーむ、なかなかよろしくないコンディションではあるが、
これも自然の驚異を知る意味でまた良し。(ゲレンデバイト中だったら絶対滑らないけど。)

しかし雪はともかく風がある故、リフトなんか凍え死ぬ!ってほど寒かったけど、
なぜか時々厚ーい雲の向こうから強烈な日差しが。(写真)

吹雪なのに、影が出ているというなんとも不思議な(?)現象が見られました。


さて、肝心のゲレンデですが、
中級コース多目の、幅も広めの、なかなか良いレイアウト。
(リフトのレイアウトは今ひとつ、それにスピード遅い!)

上級コースは人も少なくふかふかの新雪がありました。
滑っていると、しゅるるるる・・・・と、板の上5cmくらいをかすめていく新雪。
これだよコレ!とウキウキしていると、気がつけばコースアウト。
クロカン状態で軌道修正してみたり(汗)。

なかなか手ごわい自然コブコースもあり、(1ターンごとにずり落ちては止まる、の
繰り返しでやっと降りれた)なんだかんだで結構楽しめました。

-------------------------------------
ほんとは皆さんがスキーに行きたくなるような写真をもっと撮りたかったのですが、
素手なんか出したらマジで凍傷になりそう&カメラ壊れそう&結局白くて何も映らない、
の合わせ技によりほとんど撮れませんでした。


しかし、このゲレンデ、どういうわけかスキーヤー率1割にも満たない程度。
スキーヤーにとっても決して悪くないレイアウトなのになぜここまで極端に偏るのか、
謎ですね。
別窓 | ゲレンデ | コメント:8 | トラックバック:0
| KAMEHOUSE ~旅人になりたい~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。